会社案内

ご挨拶

株式会社東急ビッグウィークステーション
代表取締役社長 金山明煥

当社は、従来のリゾート会員権とは一線を画し、スマートなライフスタイル商品としてグローバルスタンダードに則ったタイムシェアリゾートの企画、販売、運営を行っております。タイムシェアリゾートは、1960年代にフランスアルプス地方で初めて導入された後、欧州で140万世帯・米国で440万世帯がタイムシェアに係る権利を保有するまでに育っており、日本においても着実に市場が拡がっています。
当社はタイムシェアリゾートという商品を通じて、単に施設としてのリゾートを楽しむだけでなく、その地域の自然、文化、歴史などを楽しむ「エクスペリエンス ディスティネーション(Experience destination)」な価値を提供して参りました。
今後は新たに、このような価値を増幅するような旅先での地域の「食」を楽しむ企画などを提供させていただき「フィールローカル(Feel Local)」を堪能していただこうとしております。もちろん新たな地域や機能を持つ施設の展開も計画しております。さらにグローバルなタイムシェアの権利の交換システムを通じた商品のバージョンアップも図って参ります。
進化し続けるビッグウィークならではのバケーションスタイルをぜひお楽しみください。

会社概要

事業主 東京急行電鉄株式会社
商号 株式会社東急ビッグウィークステーション
代表者 代表取締役社長 金山 明煥
事業所

東京都渋谷区渋谷1-16-14 渋谷地下鉄ビル3F

事業内容 日本におけるタイムシェアリゾート(※1)のパイオニア
  1. 全国15ヶ所(うち、東京急行電鉄・13物件、フェニックスリゾート・1物件、タングラム斑尾・1物件)を展開する、ビッグウィークバケーションネットワーククラブ(BWVNC)の利用権販売とリゾートネットワーク(※2)の運営
  2. お客様のニーズやライフプランに応じて、上記(1)商品を通じたリゾートライフの提案
  1. ビッグウィークのタイムシェアリゾートとは
    別荘やリゾートマンションを複数人で共有し、あらかじめ毎年利用する施設や期間(週)を決めて購入する合理的な仕組み。自分の利用したいシーズンのみを購入するため、別荘やリゾートマンション1軒を購入するわけではないため、気軽にリゾートライフを堪能できる。また、1ヶ所購入すると、BWVNCのリゾートネットワークを活用できるのも魅力。
  2. リゾートネットワークの運営と加盟施設、会員数
    運営: ビッグウィークバケーションネットワーククラブ(設立 平成16年12月1日)
    施設:全国15ヶ所。愛犬と宿泊できる施設もあり<ビッグウィーク京都・軽井沢・蓼科・伊豆高原・伊豆今井浜・箱根強羅・那須・金沢、沖縄、札幌、山中湖、東京 二子玉川、宮古島、ラグゼ一ツ葉(宮崎)、斑尾フレンズ>
    正会員数:約3000名/ファミリー会員:約8000名
東京都知事登録 旅行業務 3-5567号
資本金 100百万円
決算期 3月末(年1回)
株主 東京急行電鉄株式会社 100%
設立日 平成11年7月2日